1. TOP
  2. 使い回し油の危険性!日本人が世界一危ない毒素に漬かってる?

使い回し油の危険性!日本人が世界一危ない毒素に漬かってる?

 2016/09/24 長寿の油
この記事は約 5 分で読めます。

トランス脂肪酸が危険だと騒がれはじめてからずいぶんと経ちますが、それ以上に怖い?存在がありました。

テレビ番組「世界一受けたい授業」でも紹介されていた「使い回し油」です。

私たち日本人の伝統的な食べ物として「てんぷら」があります。その天ぷらを揚げるのに使われている油が「天ぷら油」です。天ぷら油が一番、レストラン飲食店で揚げ物用に使い回しされている怖い油です。

  • 天ぷら油とはどんな油なのか?
  • なぜ揚げ物用に繰り返し使った油が危険なのか?

について今回はご紹介していきます。

Sponsored Link

日本にしかない天ぷら油って何モノ?

使い回し油1984638 (1)

天ぷら油とは、正確にはその製品の定義がありませんが、製品名として「白絞油(しらしめゆ)」と呼ばれる大豆油や綿実油を低い度合いで精製、加工したもの。これが属に「天ぷら油」と呼ばれて販売されています。

薄い黄色の色をしていて、サラダ油になる手前の油です。

家庭用に売られているサラダ油ほど、キレイに脱色、精製されてないので、価格も安く、一斗缶などでレストラン、惣菜屋さんなどへ業務用として販売されています。

天ぷら油だとカラッと天ぷらが揚がる

サラダ油を使って家庭で天ぷらを揚げても、揚げたては美味しいけど、時間が経つとベチャッとしてきます。ですが、この白絞油を使ってあげるといつまでもカラっとした状態が保てるという特徴もあります。

値段も安いうえに、このようなうれしい特徴もあるので、日本の飲食業界ではほぼこの白絞油が使われているんですね。

この油を繰り返し使うとどうなるの?

使い回し油1984638 (3)

ほとんどのお店で、揚げ物用の油は、大きな鍋に入れられていて、長時間熱したままだったり、何度も加熱し直して使われていると思います。

実は、これが大きな問題を引き起こしていると指摘されています。
それは、その油が加熱し続けられることによって発生する「ヒドロキシノネナール」という物質のおかげです。

このヒドロキシノネナールは、近年の研究にて、私たちの脳の海馬や小脳に影響を及ぼし、やがては認知症を引き起こす可能性のある「毒素」であることががわかってきています。

使い回し油が私たちの脳へ悪影響を与える!?

つまり、この業務用として繰り返して使われている油(使い回し油)は、認知症、アルツハイマ―など怖い脳の神経系の病気につながる可能性が高いことが問題だと言われています。
天ぷらだけじゃありません。子供が大好きな「唐揚げ」や、マックのフライドポテトだって、この使い回し油を使って作られている可能性があります。
御惣菜を含めて、信頼のおけるお店でしか食べられなくなってしまいますね。

狂った脂肪酸「トランス脂肪酸」とは!?

clazy-fat

使い回し油と、トランス脂肪酸の関係

使い回し油の被害と、トランス脂肪酸の関係がよくごちゃまぜに議論されることが多いのですが、正確には、この「使い回し油」の問題と、『トランス脂肪酸』の問題は別もの。

トランス脂肪酸は、植物油を高温で熱し続けても発生しますが、それよりも大きな量が、工場で油を精製する時に水素添加の処理がされますが、その時に一番発生し、こちらの問題の方が大きいと言われています。

ですので、精製度の高い植物油、例えばキャノーラ油やサラダ油など水素添加されて作られる油には、このトランス脂肪酸が多く含まれている可能性があるので、今とても問題視されているのです。

精製とは何のためにするのか?

もともと植物油は不飽和脂肪酸が多く、品質が安定していません。そのために、化学的に改良を加えて、品質を長く保つように精製加工されているのです。

プラスチック容器のまま、長く店頭に並べられたとしても品質に影響が出ないように、改良されているのです。

私たちはどうすれば良いの?

tukaimawashi58660413

これほど油や脂肪酸が私たちの健康にどのような影響を与えるかがわかってきた今、私たちができることは、カラダに悪い油を摂るのをやめて、逆にカラダによい油をいっしょうけんめいに摂る。これしかありません。

幸いにして、てんぷら油のような使い回し油、そして、カラダに悪いトランス脂肪酸のことなどがわかってきました。

できるだけ、これらの悪い油をとらないように外食もふくめて注意していきましょう。

そして、逆にカラダによい植物油とは、亜麻仁油、えごま油、チアシード、インカインチオイルなどのオメガ3脂肪酸、そして、オリーブオイル、アボガドオイルなどに多く含まれるオメガ9脂肪酸になります。

とくに、オメガ3脂肪酸は、その摂取量がここ数十年で極端に少なくなってきており、そのバランスの欠如が多くの現代病を産んでいるとの指摘が多くあります。

使い回し油の危険性、まとめ

<注意したい油>

  • 使い回し油 (天ぷら油)
  • トランス脂肪酸を含んだ油(キャノーラ油、サラダ油)

<積極的に摂りたい油>

  • 亜麻仁オイル、えごまオイル、チアシードなど(オメガ3脂肪酸) 

以上のようにまずは覚えておきましょう!

 関連記事 
▶ キャノーラ油、まだ使いますか?トランス脂肪酸+αの怖い話とは
▶ 【ランキング】マーガリンだけじゃなかった!トランス脂肪酸が多い食品とは?
▶ 【ちょっと安心】トランス脂肪酸への対応企業まとめ(コンビニ~パン~食品メーカー)
▶ 【危険ADD/ADHD】 絶対に子供に食べさせたくないワーストフード10選とは!?
▶ 知っておきたい「ミョウバン」の毒性、子供への使用について!

(By ゼウス23世)

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

神様の食材の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

神様の食材の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

ゼウス23世

ゼウス23世

天上および人間世界を支配する、全知全能の神ゼウスの末裔。
こんな見た目だけど、実は健康オタク。
おっちょこちょいでミスを連発するので人間世界で修行中。
神からの教えを全て伝承しないと天上界へは帰れない。
【一押し食材(押し食)】
天然由来植物オイル、スーパーフード全般

この人が書いた記事  記事一覧

  • 本当に安心安全?ニップンのアマニオイルを実際に使って研究してみた | 亜麻仁油の口コミ

  • 日本初!加熱調理可能な亜麻仁油「Alliggaフラックスシードクッキングオイル」口コミ体験レビュー

  • 犬の夏バテ対策は?症状と食べさせたい食材、回復レシピ4選!

  • ラム、マトンにホゲット!?知っておきたい羊肉の種類、カロリー栄養の違いとは?

関連記事

  • 亜麻仁油にアトピー改善の効果がある⁉子供への使用は大丈夫?

  • クルミの食べ方|ポリフェノール成分が倍増する食べ方って?

  • 亜麻仁油の味って?産地や製法によって違いがあった!?

  • 植物油脂の表示の意味とは?知っておきたい食品表示のこと!

  • パーム油とヤシ油との違いって何?知っておきたい植物油脂のこと!

  • ファットスプレッド、マーガリンとの違いって何?安全性に変化は?