1. TOP
  2. えごま油(しそ油)と亜麻仁油の違いとは?どちらが良いの?

えごま油(しそ油)と亜麻仁油の違いとは?どちらが良いの?

 2017/01/10 亜麻仁油 長寿の油
この記事は約 8 分で読めます。

健康や美容にも効果があるとして近年とても人気の「えごま油」「亜麻仁油」

テレビで紹介されるたびに、一時手に入りづらくなったりもする人気の植物オイルです。

どちらも“体にいい”ということは知られていますが、実際にこの2つにはどのような違いがあるのかご存じでしょうか。

また、えごま油としそ油も違いがよくわからなかったりしませんか?

今回は具体的にこれらの人気の植物油、えごま油と亜麻仁油の比較、違いについて、またどちらがいいの?おススメは、についてご紹介していきます。

Sponsored Link

まずはえごま油としそ油の違いから

荏胡麻(えごま)油と紫蘇(しそ)油、この2つは名前こそ違いますが、実は同じものです。

えごまはシソ科の植物です。バジル、ローズマリー、セージ、ミントなどと同じシソ科のミント種になります。

えごまブームになる前までは「えごま」という存在があまりにも一般に知られていなかったので、オイルをイメージしやすいように「しそ油」という名称が使われはじめました。(油老舗の大田油脂さんのHP説明より)

違う油のように思えて、実は中身は同じものです。

えごま油(しそ油)とは?

ゴマという字が入っているので、『えごま』はごまの一種かな?と思われがちですが、えごまはまったく『ごま』の種類ではありません。

よく勘違いされているのですが、「えごま」はシソ科の一年草。そのえごまの種子から搾取されたものが、『えごま油』です。

えごま油には少しクセがあり、人によって、または商品によってもえぐみが感じられ苦手だな~と感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

亜麻仁(アマニ)油とは

「亜麻仁油」は亜麻(英名:フラックス)という植物の種子から搾取された油のことです。

『仁』とは種のことを示す言葉なので、「亜麻仁」というのは“亜麻の種”という意味なのですね。

亜麻仁油にもえごま油と同じように少しクセがあります。しかし、これも商品によって変わる印象があります。亜麻仁油もえごま油もその独特のえぐみや渋みは、抽出の仕方の違いによって変わるという意見もあります。

 関連記事 
▶ 亜麻仁油の味って?産地や製法によって違いがあった!?

えごま油と亜麻仁油の大きな違いとは?

【1】 脂肪酸(脂質)成分の比較

えごま油と亜麻仁油の脂質構成を比べてみましょう。

  えごま油 亜麻仁油
αリノレン酸
(オメガ3脂肪酸)
60% 56%
リノール酸
(オメガ6脂肪酸)
14.30% 15%
オレイン酸
(オメガ9脂肪酸)
14.40% 18%

どちらも今一番摂らなければならない必須脂肪酸として注目されているオメガ3のαリノレン酸が50%以上も入っています。

そして、摂取量をできるだけ押さえていきたいオメガ6のリノール酸が15%前後と、バランス問題が指摘されている脂肪酸バランスを整えてくれる効果が大きく期待される植物油です。

【2】 ポリフェノールの含有

(1)亜麻リグナン

亜麻仁油には、ポリフェノールの一種の「リグナン」という成分が含まれています。

リグナンは、抗酸化物質として働く「植物エストロゲン」として知られています。実は日本では、この分野の研究は、ゴマのセサミン類を除き非常に遅れていて、欧米での研究がすすんでいます

欧米では、この「リグナン」の抗がん作用をはじめとする多くの有用性に対する関心が高く、研究事例も多いと農林水産省資料にも紹介されていました。 http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010753234.pdf

またリグナンは腸内細菌によって「エンテロラクトン」に代謝されることが知られています。

このエンテロラクトンは、植物由来の女性ホルモンのような働きをする植物エストロゲンの1つです。

植物エストロゲンは,乳がん,冠動脈疾患,腸がんなどのリスクを低下する効果を有することが報告されています(同、日本農林水産省資料より)

大腸がんや乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなど「ホルモン」に関わるがんを防いでくれる効果がとても期待されている注目のポリフェノールなのです。

加えて、インフルエンザやヘルペス、A型肝炎、B型肝炎などのウイルスに対しても、強力な免疫システムも発揮してくれるとされています。

亜麻リグナンについてはこちらで詳しく紹介しています。

 関連記事 
▶ 亜麻リグナンの驚きの効果9選!摂取の仕方、良い商品とは?

(2)えごま「ルテリオン」「ロズマリン酸」

一方、えごま油には「ルテオリン」「ロズマリン酸」というポリフェノールが含まれています。

ルテオリンには強い抗炎症作用が期待されていて、アレルギー性疾患や脳炎症を抑える効果があるほか、老化の原因となる活性酸素を抑えるといった抗酸化性も含まれています。

ロズマリン酸には、糖分の溜まり過ぎを防ぎ、そのためのダイエット効果や、抗アレルギー性といった効能に役立つとされています。

【3】 食物繊維

亜麻仁油には水溶性および不溶性の食物繊維がバランスよく含まれているのも大きな特徴です。この2種類の食物繊維によって、腸のぜん動運動を刺激して、便秘を改善してくれるとされています。

便秘に食物繊維が効くということはよく知られていますが、水溶性と不溶性のその両方を摂取する必要があります。

その両方が一度に含まれる食材というのは珍しく、その点で亜麻仁油は便秘解消効果が大きく期待できる食材だと言えます。

何かと注目されている必須脂肪酸。植物油はオメガ系のその必須脂肪酸を摂ることだけに注目されていますが、ポリフェノールや食物繊維といった天然成分も大切です。

そして、えごま油と亜麻仁油は、脂肪酸比率からほぼ効果は一緒と謳われていることも多いのですが、ポリフェノールや食物繊維の事を考えると、それぞれに大切な成分が含まれいます。ですので、厳密にはどちらかを摂れば良いというものではなく、それぞれに効果のある成分があり、それぞれに摂取した方が良い、と表現するのが正しい植物油と言えます。

えごま油も亜麻仁油も酸化しやすい

えごま油も亜麻仁油も“酸化しやすい”と言う性質があります。

それは長鎖脂肪酸を中心とした分子構造上、不安定な「不飽和脂肪酸」がそのほとんどをしめるからです。

酸化は、酸素に触れること以外にも光の影響も受けるので、光を通さない遮光性の強いボトルに入っている商品がおススメです。

また、製造方法も注目して選ぶ必要があります。

サラダ油など精製、脱臭、脱色されている油は、もとの植物原料の栄養成分が失われる以外にも、体に悪影響を及ぼすとされる「トランス脂肪酸」を発生させてしまいます。

特にαリノレン酸を中心としたえごま油や亜麻仁油については、精製加工処理したものは絶対に避けなければなりません。

パッケージに「この油にはリグナンや食物繊維が含まれていません」と書かれている場合は、高温精製処理されている可能性が高いので注意してください。

低温圧搾(コールドプレス)という製法で作られた油を選ぶのが大事です。

αリノレン酸は加熱に弱いので生で!と言うがそれは間違い!

よくえごま油も亜麻仁油も熱に弱いので生のまま食べなければならないとされています。

それは、その主成分であるαリノレン酸が熱に弱いからという説明があります。

しかし、それは間違いです。

なぜなら、チアシードオイルやインカインチオイル。これらはαリノレン酸を含むオメガ3系オイルですが、加熱しても問題ないとされています。また、カメリナオイルもオメガ3系ですが、調理可能なオイルです。

つまり、αリノレン酸が加熱に弱いというのは間違いです。

正確には「発煙温度が低い」油は、なるべく生で摂った方が安心!という解釈になります。発煙温度を超える(煙が立つ)と、油はより不安定になり、そこから酸化が進みます。

実は亜麻仁油には、この発煙温度を250℃まで高めたオイルが発売されています。

この亜麻仁油であれば、軽く炒めたりするだけでなく、パン生地に練り込んでオーブンで調理することも可能です。

Amazon.co.jp   Alliggaカナダ・調理可能な亜麻仁油(フラックスシードオイル)

オメガ3αリノレン酸の効能

えごま油、亜麻仁油の両方に多く含まれるオメガ3必須脂肪酸をとることによる効果は?

  • 認知症の予防
  • 記憶学習能力の向上 (子供の脳の発育に効果)
  • 血流改善、血栓予防効果
  • アレルギー抑制 (花粉症、アトピー性皮膚炎など)
  • 老化予防 (アンチエイジング)
  • うつの軽減
  • 中性脂肪・血中コレステロールの軽減
  • 高血圧の予防
  • 糖尿病の予防
  • 動脈硬化・不整脈の予防
  • 脳卒中の予防
  • ガンの予防 (特に乳がん、肺がん、大腸がんに有効)
  • 視力アップ
  • 脂肪肝の予防
  • ダイエット効果
  • 美容・美肌効果

(『医者も知らない亜麻仁油パワー』ドナルド ラディン (著), クララ フェリックス (著), 今村 光一 (翻訳)より)

とざっと列挙しただけでも驚きの効果が期待されているのです!

えごま油、亜麻仁油の違いまとめ

亜麻仁油とえごま油の違いについてご紹介してきました。

今、大注目のオメガ3など必須脂肪酸を摂取する目的においては、大きな違いはありません。

しかし、ポリフェノールや食物繊維の種類や含有量が違います。

どちらにも、健康や美容に良いメリットがたくさん含まれています。

どちらもおススメで出来れば両方を用意するか、または交代で1本づつ購入して常備しておきたいオイルと言えるでしょう。

また亜麻仁が持つ貴重な食物繊維やリグナンをとるためには、亜麻の種子をそのままローストしたローストフラックス商品がおススメです。

 関連記事  ローストフラックスのメリットについて
▶ ローストアマニの栄養成分と効果9選!オメガ3は大丈夫?

(By ゼウス23世)

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

神様の食材の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

神様の食材の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

ゼウス23世

ゼウス23世

天上および人間世界を支配する、全知全能の神ゼウスの末裔。
こんな見た目だけど、実は健康オタク。
おっちょこちょいでミスを連発するので人間世界で修行中。
神からの教えを全て伝承しないと天上界へは帰れない。
【一押し食材(押し食)】
天然由来植物オイル、スーパーフード全般

この人が書いた記事  記事一覧

  • バーベキューで!試してみたい人気レシピ16選!意外と簡単かも?

  • ルクマとは?乾燥ルクマパウダーの効果とレシピ4選

  • チリパウダーの使い方!健康効果、レッドペッパーとの違いは?

  • 冷製メニュー人気12選、夏場におススメ健康効果がたくさん!

関連記事

  • まだ国産派!?国産亜麻仁油を調べ続けてわかった3つのこと!

  • 日本のエキストラバージンオリーブオイルは偽物ばかり⁉その理由とは?

  • ひまし油は薬局で買える?買うときのポイントや使い分け法まとめ!

  • 植物油脂って何?動物油脂との違いは?その特徴は?

  • 使い回し油の危険性!日本人が世界一危ない毒素に漬かってる?

  • トランス脂肪酸フリーへ!コンビニ、パン、ファーストフードなど対応企業まとめ