1. TOP
  2. 日経トレンディ2017ヒット予測|ネイチャースイートソース/リコリスハニー‼

日経トレンディ2017ヒット予測|ネイチャースイートソース/リコリスハニー‼

 2016/11/04 アゼルハニー 奇跡のはちみつ
この記事は約 6 分で読めます。

2017年ヒット予測が11月4日発売の日経トレンディで発表され、ネイチャースイートソースが17位にランクイン!

その中で”単一の蜜源由来”シングルオリジンハニーのリコリス蜂蜜”が紹介されました!

そのリコリスハニーとは、アゼルバイジャン産のハチミツです。

とても珍しいハチミツで、何でもアジアをはじめ、日本にも初めて入荷してきた稀少な天然はちみつなんだとか。

  • アゼルバイジャン産のリコリスハニーってどんな味がするんでしょうか?

自称ハチミツマニアの私も興味深々・・ そこでさっそく入手して、その深い味わいを試してみましたぁ♪

Sponsored Link

アゼルバイジャンってどんな国?

azerbaijan2

アゼルバイジャン共和国(アゼルバイジャンきょうわこく)、通称アゼルバイジャン は、南コーカサスに位置する共和制国家です。1991年にソビエト連邦から独立したまだ若い国です。

北はロシア、北西はジョージア(ロシア語名:グルジア)、西はアルメニアやトルコ、南はイランといったところに位置する国。カスピ海に向かって大きな半島がせり出しています。

この国は、雄大なるグレートコーカサス山脈の南山麓に位置していて首都のバクーから車で30分ほど走らせるだけで、雄大な大自然が広がります。

なんでも、世界に存在する11種類の気候のうち、9つもがこのアゼルバイジャンには存在していて、日本の四季どころではない、様々な気候がまじる不思議な自然環境なのです。

なぜこのはちみつが評価されているのか、その3つの秘密とは?

【1】リコリスという漢方薬から採れる稀少なハチミツ

リコリスは漢方薬の「甘草」のことです。

licorice4996854

自然の甘味料としても様々な飲料にも使われています。健康にも良いリコリス茶も有名ですよね。もちろん、甘草にはグリチルリチン酸という薬効成分が含まれており、このグリチルリチン酸は実に多くの医薬品、化粧品の原料にもなっています。

中国や香港などでは漢方薬原料として珍重されているこのリコリス(甘草)ですが、調べたらアゼルバイジャンは中国に次ぐ世界第二位の生産国なんですね。

アゼルバイジャン南部の広大な山麓傾斜地帯に、いっぱいのリコリス畑が広がっているのだとか。コーカサス地方では、このリコリスを蜜源としたハチミツ製品が古くから親しまれています。

【2】コーカサス蜂という特殊なミツバチ

コーカシアン種のミツバチも、このエリアにしか生息しない特別なミツバチ。

グレーと黒の縞模様が特徴的で、一般的な西洋ミツバチよりも2倍も長いくちばしをもっています。そのために、普通だと届かない花の蜜の奥の方から蜜もとってくることができるのです。

また冬の寒さにもとても強く、羽ばたきも力強い!

だからこのコーカサス蜂がつくるハチミツは、熟成度が高く、特有の濃厚さや奥深い味わいを楽しむことができます。

 参照 ▶ 世界のミツバチの種類8選、コーカサス蜂 

【3】手付かずの超自然環境

azer-nature79973032

コーカサス地方は、晴天が多く、水はけのよい乾燥した土地が連なる「手つかずの大自然」が広がっています。

アゼルバイジャンの養蜂家達が巣箱をかまえる場所は、無農薬、オーガニックという言葉が必要ないほど、近隣に都市や街、工場、車などの人工的な環境が存在しない環境なのです。

そこで、約4,500種類の野生植物が育ち700種類を優に超えるさまざまなハチミツの蜜源となる植物が生育しています。はちみつの世界の有名産地でも、これだけ「人に荒らされていない大自然」という環境はなかなか存在しないと思われるほどです。

ヨーロッパのハチミツ研究家も絶賛!その評価指数とは

pure-honey34956187

そんなコーカサスの大自然から生まれた「アゼルバイジャン産はちみつ(アゼルハニー)」は、

  • 「高糖度」
  • 「粘度が高い(かため)」
  • 「複雑な味と余韻が続く」

といった特徴があり食べてみたら、なるほど「上品かつ高貴」な雰囲気が漂います。

日本では基準化されていませんが、ヨーロッパの国々では、ハチミツの品質を図る基準の一つとして、「ディアスターゼ指標」「HMF」という2つの数値が用いられています。

「HMF」の値は、酸化度合いにより上昇しディアスターゼ(酵素)指標は、熱などに長時間さらさられると減少していくので、HMF値が低くて、ディアスターゼ値が高いというのが、何より天然で新鮮な100%はちみつの証

ハチミツをとってからの時間経過や、加工時に熱処理などがされていないことを図る指標としてヨーロッパの国々では重視されています。

そして、このアゼルハニーは、この2つの指標が厳しくチェックされ、数値も大きく世界基準を上回っていると現地の農水省担当者も自信をもって紹介しています。

アゼルバイジャンの養蜂の歴史はとても古い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユネスコの世界遺産にも登録されている「ゴブスタン遺跡」

5000年以上も前の岩絵が数多く残っていますが、その中にミツバチをあやつる人の絵が残されていたのです。このエリアの養蜂の歴史は、古代エジプトより古い最古のエリアとして、とてつもなく長い歴史があることがわかってきました。

リコリスハニー気になる味は?

うわさにたがわぬ「濃厚」な味わいと「コクの深み」があります。新鮮な生はちみつ独特の、喉の奥でツンとする甘味と余韻もただよいます。

そのまま食べても美味しいのですが、チーズや他のクセのある食材にかけても、また違った味わいが楽しめました~♪

伺ったところによると、都内の高級イタリアンやフレンチでもデザート用にいろいろな食材と組合わせて出されているのだとか。まさにプロのシェフや職人さんをとりこにした「生はちみつ」なんですね~。

もう一つ日本に初上陸したアゼルバイジャン産はちみつ(百花蜜)

wildflower-3

問い合わせ:株式会社NEO  (http://neo-ss.co.jp/food/index.html)

今回日本にはじめて紹介されたアゼルバイジャン産はちみつには、日経トレンディで紹介されている「リコリスハニー」に加え、もう一種類販売されています。

それはアゼルバイジャン産「ワイルドハニー(百花蜜)」です。

こちらは、アゼルバイジャン最北部のグレートコーカサス山脈の標高2000mという高地で採れる「生はちみつ」なのだそう・・

コーカサスでは昼夜の気温差に加え、1年を通じて夏冬の寒暖差も大きく、数百種を超える様々な山岳の花が咲いています。中には天然のハーブも数多く含まれているので、薬効成分も期待できそうです。

そんな山地でとれるはちみつが「アゼルバイジャン百花蜜(ワイルドハニー)」

コーカサス地方、またアゼルバイジャンでは、この山岳でとれるワイルドハニーが高級はちみつとして市場でも一番の人気なのだそうです。こちらも食べさせていただきましたが、その名のとおり、季節折々の花たちの複雑な味が絡み合って、食べたことがない独特な風味があるように感じました。

アゼルハニーまとめ

世界にはいろいろな美味しいハチミツがあるんですね~。そしてこのアゼルバイジャンはちみつには、2017年ヒット予測にノミネートされるだけの理由がありました!

とくにリコリス(甘草)は、その成分のグリチルリチン酸の甘味だけでも、砂糖の50倍かつ砂糖よりも低カロリーだというのですから驚きですね。それだけでも甘味フリークにはたまりません。

ぜひ、日本初上陸のアゼルハニーを目にする機会があれば、手に取ってご賞味してみてください♪

 関連記事 
▶ 女王蜂、働き蜂の生態とは?何億年活き続けるミツバチ集団コロニーの秘密!

(By ディオニソス)

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

神様の食材の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

神様の食材の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

ディオニソス

ディオニソス

酒と酒宴の神バッカスの生まれ変わり。
ギリシャ神話の名前ディオニソスを名乗る。
酒(赤ワイン)とオンナが大好きなロックな神様(笑)
カワイイ子を見つけると、細い目がギョロっと見開く!
最近、健康の為に赤ワインの代わりにオリーブオイルの研究を飲み始めたらしい。
【一押し食材(押し食)】
オリーブオイル・はちみつ・スイーツ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 全粒穀物ホールグレインとは?代表9種類とその効果まとめ

  • ライ麦パンの栄養価や糖質量とは?お家で簡単作り方、本格レシピも!

  • 冷製パスタの作り方!やっぱりトマト?おすすめ食材の組み合わせ5選!

  • わらびもちが高カロリーな理由!片栗粉で簡単レンジでの作り方!

関連記事

  • メープルシロップとはちみつの違い‼甘味成分、効果、保存法まで徹底比較!

  • 【検証】ご飯にはちみつを入れてみた!美味しくなる噂は本当か!?

  • はちみつが虫歯に効く?抵抗力が半端ないはちみつ徹底活用術!

  • はちみつの結晶化はなぜ起こるの?本当の原因と戻し方とは!

  • ミツバチが減少!?ネオニコチノイドが原因で全世界食糧危機へ!

  • 女王蜂、働き蜂の生態とは?何億年活き続けるミツバチ集団コロニーの秘密!