1. TOP
  2. ミツバチが減少!?ネオニコチノイドが原因で全世界食糧危機へ!

ミツバチが減少!?ネオニコチノイドが原因で全世界食糧危機へ!

 2016/03/31 アゼルハニー 奇跡のはちみつ 神コラム/レシピ
この記事は約 5 分で読めます。

実は世界の各地でミツバチが減少しているという報告があります。これにより養蜂家は大きな打撃を受けていると聞きます。なるほど、はちみつ自体の収穫量が減ってしまって、値段なども高くなったら嫌だな。。と心配していたところ、トンでもない! 

実はこの問題、そんなレベルではなくてもっと深くて深刻な問題をはらんでいたのです。世界的な食糧難に突入するかも!?

その理由を見ていきましょう。

Sponsored Link

CCD(蜂群崩壊症候群)という怖い現象

animal-160397_640

飼育されているミツバチが突然、大量に姿を消すという原因不明の現象が起こっています。巣箱には孵化した幼虫や食料だけが残され、女王バチと羽化直後の働きバチがわずかに残っていたりする場合が多いのですが、ミツバチの死骸すらまったく、巣箱の周囲で発見されず、ハチがいなくなる。という現象です。CCD(colony collapse disorder)と英語では呼びます。

2006年秋に米国で問題化されてから、カナダや一部のヨーロッパ諸国、インド、台湾、ブラジルなどでも同じ現象が起こりはじめ、まだそのCCDの原因については正確には解明されていないのです。

世界の各地で突然に起こったこのCCDの現象を、マスコミは「世界の食糧供給を御ぼやかす脅威」と報じました。

日本でミツバチを取り巻く状況

honey-bees-326334_640

はちみつをとるために養蜂されているミツバチは世界には数種類ありますが、日本では主に”セイヨウミツバチ”という種類です。セイヨウミツバチはただはちみつを作るだけでなく、いちご、メロンなどの果物栽培の花粉交配という役割をも担っています。 

一方、日本での養蜂家の数は年々減っていて、それによりミツバチの数も減っています。戦後のピーク時には日本で32万群も飼われていたミツバチですが、今ではその半分程度の数になってしまっています。

CCDでミツバチが消えた原因とは?

まず、CCDの原因はまだ完全に解明されていません。まだ謎のままです。人類よりも早い時代からこの地球上に生れ、厳しい氷河期も生き抜いてきたとされるミツバチ。その消え方まで神秘に包まれています。

今の時点の有力な説としては、

  • ダニなどの寄生虫によってミツバチの免疫力が弱められた
  • なかでもミツバチヘギイタダニと呼ばれるミツバチに寄生するダニの影響が大?
  • 農家たちは害虫駆除のために殺虫剤を積極的に使います。大切な農作物を守るためには仕方がない事だけど、それが自然に飛んでるミツバチにまで影響を及ぼしている
  • 特に頻繁に使用されているネオニコチノイド系の農薬の影響が大きい
  • ミツバチの生息環境が破壊され、農薬の影響が及ばないような自然環境がどんどん減少している
  • さらに、寄生虫や、農薬の問題で弱体化したミツバチに、IAPV(イスラエル急性麻痺(まひ)ウイルス)というウイルス感染症も併発しておこる

といった原因が考えられています。

他にも

  • 集中的な人工的な交配を行わせることが、働きバチに過酷なストレスを与えている
  • 幼虫が栄養不足になっている
  • 彼らの蜜原料の一つに、遺伝子組み換えのトウモロコシなどが使われていること

なども原因ではないかと考えられています。

flower-1180723_640

私たち人間の手による、農業形態の変化、そして、世界的な温暖化、気候の大きな変化によって、ミツバチが好物とするような自然花の種類や数も少なくもなってきているんだと思います。

でも厳しい氷河時代をも生き抜いてきたミツバチ達。ここ数十年の自然の温暖化などで、ミツバチの免疫力が落ちるとも考えにくい。

やっぱり、化学的な農薬によるダメージが一番大きいのだろうと思われるのです。

そんなネオニコチノイド系の農薬が飛んでこないようなミツバチ達のための自然環境が減ってしまったのが問題なのだろうと思うのです。

これはもう人災ではないでしょうか?ヨーロッパを見習うべきなんじゃないでしょうか? 

ヨーロッパでは、そのような自然環境に影響を与える農薬の使用・販売が禁止されている国もあります。この農薬は、ミツバチだけでなく胎児・子どもの発達や脳への悪影響も懸念されている物質だとの報告もあります。

また、ミツバチの突然死を守るために、ダニの被害については、ダニ遺伝子だけをターゲットにできる駆除方法の研究や、ミツバチの交配をすすめることによって、ダニに対する抵抗性をもったミツバチを新種として開発する、といったことも進められています。

ですが、ネオニコチノイド系の農薬問題についてはまだ日本では何の対処も行われてきていません。

ミツバチが減るとどうなるか

hive-1094857_640

実は農作物の35%はミツバチの受粉によって実をつけています。世界の食糧の90%にあたる約100種類の作物のうち71種類までがそのミツバチ受粉の恩恵を受けているものなのです。

また狭い国土を使っていろいろ農業に取り組んでいる日本にとってはそれ以上の恩恵を受けています。とくにビニールハウス栽培においては、自然に花粉を運んでくれる風や昆虫が居ないので、ミツバチを人為的に使っています。例えばイチゴの交配では、人手で交配を行うと大変な手間とコストがかかる上、均等に受粉させることが不可能なので、イチゴの形も悪くなってしまうのだそうです。ハウスの中で、ミツバチを使うとあっという間に、均等な形で受粉ができるのだそう。

もちろん、イチゴだけでなくリンゴ、オレンジ、イチゴ、玉ねぎ、ニンジンなど、ミツバチはたくさんの作物の花粉媒介の役目を担っています。

ミツバチがいなくなると、農作物の生産に大きな影響がでます!

flower-garden-250016_640

日本はもちろんですが、ミツバチがいなくなると世界的にも生産力が極端に落ちて、果ては世界的な食料危機を引き起こしてしまう可能性すら充分に考えられるのです。

実はこのハチの突然死の問題は、はちみつの恵みだけではないのですね。このような危険性すら潜んでいるので、私たちはもっと深刻に考えていかなくてはいけないのかもわかりません。

ミツバチが減少、ネオニコチノイドが引き起こす食糧危機まとめ

ネオニコチノイドが大きな原因と考えられる世界のミツバチ現象の問題。

たかがミツバチ、たかが養蜂業を守るとかそんなレベルの話ではないことがお分かりいただけたかと思います。地球上でのミツバチの生息は私たちの人類の歴史よりも長いものをもっています。

後から生まれてきた人間が、ミツバチの生態系を犯してしまったらとんでもないしっぺ返しが待っているに違いない。早く、元気にミツバチ達が飛び回り、自然の果物、野菜がきちんと獲れる安心な世の中になってもらいたいものです。

(By ディオニソス)

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

神様の食材の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

神様の食材の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

ディオニソス

ディオニソス

酒と酒宴の神バッカスの生まれ変わり。
ギリシャ神話の名前ディオニソスを名乗る。
酒(赤ワイン)とオンナが大好きなロックな神様(笑)
カワイイ子を見つけると、細い目がギョロっと見開く!
最近、健康の為に赤ワインの代わりにオリーブオイルの研究を飲み始めたらしい。
【一押し食材(押し食)】
オリーブオイル・はちみつ・スイーツ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 氷こんにゃくの作り方|人気のダイエットレシピ6選!こんな効果も!

  • 玄米甘酒の効果5選と活用レシピ!炊飯器を使って冷蔵作り置きも!

  • オクラとトマトの組み合わせレシピ6選!サラダ、スープが人気の夏定番?

  • ズッキーニサラダが人気!夏サラダとアレンジレシピ9選、特徴!

関連記事

  • 酒粕でつくる甘酒!その効能と作り方、アレンジレシピ5選!

  • ふきのとう天ぷらレシピ6選!アク抜き、揚げ方のコツは?絶品春の味覚♡

  • 日本にしかないサラダ油って何?トランス脂肪酸との関係は?

  • クレソン鍋の美味しいレシピ7選!話題の栄養成分がたっぷり摂れるぅ!

  • 芽キャベツの人気料理レシピ12選!下茹で方法、選び方とは?

  • 【検証】ご飯にはちみつを入れてみた!美味しくなる噂は本当か!?