1. TOP
  2. 犬や猫も増加するペットの「認知症」治療法・予防法とは?

犬や猫も増加するペットの「認知症」治療法・予防法とは?

 2016/05/13 神コラム/レシピ
この記事は約 5 分で読めます。
Sponsored Link

実はペットの認知症で悩まれている方が多いんです

shutterstock_418672786

「認知症」は人間だけのものではありません。実はペットにも起こりえるものなのです。愛するペットが認知症になったら…考えるだけで哀しいですよね?

そのときに慌てないよう、愛するあなたのワンちゃんや猫ちゃんのために、ペットの認知症の症状、原因、治療方法、予防方法などを今から学んでおきましょう。

ペットの認知症

実はペットも高齢化が進んでいる

shutterstock_418790647

人間と同様に医療が進化したために、実はペットの高齢化というのもどんどんと進んでいます。例えば一昔前は猫の平均寿命は8歳程度だったのに対し、現在では10〜15年だとも言われています。

これは理由として、ペットフードの品質が格段に上がったことと、動物病院が充実して病気の治療が手厚くなったことなどが関係しています。ペットを取り巻く環境の質は向上したといえるのですが、それに応じてペットの高齢化が進んでいるのです。

ペットの認知症

正式に認知症は「認知障害症候群」と呼ばれますが、ペットの認知症の研究は、20年ほど前から始まっていました。しかし一般的に知られるようになったのは10年前くらい。それまでは獣医師でさえも「年齢のせいだ!」という認識でしかありませんでした。

認知症の症状は犬よりも猫の方が気づきにくいため、ペットの認知症研究は犬の方が進んでいます。しかし、最近の研究では猫の認知症は15歳以上で現れやすいということがわかってきています。

認知症の症状

dog-813103_640

実は犬が認知症になる確率というのは、人間が認知症になる確率よりも高いのです。カリフォルニア大学が行なった研究では、老齢犬の62%に何らかの「認知障害症候群」の症状が見られたと報告しています。

「認知障害症候群」の症状には、具体的に以下のようなものがあげられます。

  • 狭いところに入った後、出てこれなくなる
  • 単調な声で夜に泣き続けることがある
  • ぐるぐる同じところを回る
  • 他の犬に興味を示さない
  • 食べる量が増えるが、下痢もせず太りもしない
  • 飼い主のことがわからなくなる
  • 名前を呼んでも反応しなくなる
  • トイレを失敗する

ご自身のペットがこのような行動をとり始めたら、それは認知症の症状かもしれません。これらの症状は、すべてが一気に現れるわけではなく、1つ2つとゆっくり現れてきます。そのためなかなかこれらの症状に気付きにくく、気付いたときにはもう進行が進んで、異常な行動が増えている…といったことにもなりかねません。特にこれらの症状は犬に顕著に現れます。猫の場合は睡眠時間が長くなる程度で、異常な行動症状はあまり多くはありません。

認知症の発症年齢

shutterstock_418801471

犬の認知症は、早ければ11歳で発症し、13歳を過ぎて急増します。もっと早いケースでは7〜8歳頃から現れはじめることもあります。犬種では柴犬や日本犬系の雑種がなりやすい傾向があります。

原因は高齢化による脳の神経細胞の衰えや、自律神経機能の低下、脳の萎縮などと言われていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。柴犬や日本犬系の雑種がなりやすいことから、遺伝的な要素もあると言われますが、一方で室外犬に認知症が多く発見されていことから、飼育環境にも大きく関連性があるのでは?とも言われています。

治療法、予防方法について

shutterstock_363643658

根本的な原因がわかっていないので、確実な治療法というものはまだ確立されていません。現段階では治療というよりも、できる限りの予防を心がけるようにしたいものです。

予防に大事なのはやはり規則正しい生活、そして適度な刺激が必要です。十分な広さで安全な飼育環境を整え、栄養管理をきちんとした食事をさせる。そして適度な運動もさせることが大事です。できるだけたくさん声をかけたり、なでたりして、たまに音楽を聴かせるなどの刺激も与えていきましょう。こうすることで多くの酸素を脳に送り込み、脳神経を刺激することができるので、認知症の予防に役立ちます。

犬だけでなく、これらは猫も同様です。楽しみや刺激の少ない単調な生活は猫の老化を早めてしまいます。猫にも積極的に声をかけ、一緒に遊ぶなどコミュニケーション機会を多くとってあげましょう。

shutterstock_348804329

あとはやはり食事です。「脳によく効く」といわれるDHAEPAなどを配合したペット用のサプリメントも販売されていますが、やはり愛情たっぷりの日常食にも気をつけたいもの。

症状の改善効果のあるDHAEPAもそうですが、ビタミンE、酸化防止効果のある「ベータカロチン」、脳のミトコンドリア機能をサポートする「L-カルニチン」、そして脳細胞の健康をつくるオメガ3脂肪酸なども効果的です。

まとめ

やはり愛犬が愛猫が認知症になるのは、想像するだけで哀しいですよね。この記事を読んで昔まだ小さい時に飼ってた犬のことをしきりに思い出しました。年老いてなぜか壁をじっと見つめて寂しげな表情をしたり、甘え方が変わったりしたなと。あの当時は認知症なんて言葉さえ知りませんでしたが・・

かわいいペットのために少しでも認知の症状を軽くしてあげれたら良いですね。

(By ディオニソス)

>>こちらもおススメ関連記事↓ 
【TOP10ランキング】米国発#脳をキレキレにするスーパーフード10選!
【危険ADD/ADHD】 絶対に子供に食べさせたくないワーストフード10選とは!?

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

神様の食材の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

神様の食材の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

ディオニソス

ディオニソス

酒と酒宴の神バッカスの生まれ変わり。
ギリシャ神話の名前ディオニソスを名乗る。
酒(赤ワイン)とオンナが大好きなロックな神様(笑)
カワイイ子を見つけると、細い目がギョロっと見開く!
最近、健康の為に赤ワインの代わりにオリーブオイルの研究を飲み始めたらしい。
【一押し食材(押し食)】
オリーブオイル・はちみつ・スイーツ

この人が書いた記事  記事一覧

  • ツルムラサキとは?気になる栄養素がたくさん⁉食べ方レシピ6選

  • ローズヒップティーの効果効能7選!人気おススメ商品5選、注意点とは

  • キムチの素(ヤンニョム)の作り方、本格自家製キムチのレシピ4選!

  • ゆずが持つ希少な栄養素と健康効果とは?人気料理レシピ10選も!

関連記事

  • はちみつレモンの作り方!ケーキ,ゼリーなどスイーツレシピ5選も!

  • ジェノベーゼとバジルソースの違いとは?ソース作り方3選と定番レシピ5選!

  • 【発がん性】今海外サイトで最も議論されてる「発癌」避けたい食べ物10選とは!?

  • 日本にしかないサラダ油って何?トランス脂肪酸との関係は?

  • わらび粉ってどんな食材?自宅でできる本わらび粉の作り方とは

  • ガーリックチキンソテー作り方9選!パリパリジューシー人気レシピ♪